ベースのスライド&グリッサンドのやり方を解説〜演奏音源で練習♪〜

テクニック
へいじ
へいじ

うねるベースライン
これに欠かせないのが「スライドグリッサンド」だね!

マメスケ館長
マメスケ館長

それに滑らかに音をつなぐ時もスライドを使いますね〜♪

ベースのテクニックでこれは覚えておきたい「スライド」と「グリッサンド(グリス)」

音源を聴きながら練習しましょう♪

練習ポイント
スライドとグリッサンドのコツ解説
スライドとグリッサンドの違い
指をすべらせる練習
ダイナミックに弾く
・タブ譜と音源でチェック♪

今すぐ練習したいときのリンク

スライドの練習をする→スライド練習フレーズ♪
グリッサンドの練習をする→グリッサンド練習フレーズ♪

ただ今、動画も作成中です
もうしばらくお待ちください。

それでは今日も行ってらっしゃい♪

ベースのスライド〜記号・やり方〜

スライド」「Slide=すべる」

音程を上げるのが「スライドアップ
音程を下げるのが「スライドダウン

スライドの表記

表記
「s」「sl.」
曲線でスライドの方向を示す
「s」の表記がない場合もある

奏法
弦を押さえたまま指をすべらせて音程を変化させる奏法
到達する音が決まっている。
フレットに到達したときは弾かない

効果
なめらかに音程の変化をつけられる
大きくポジション移動するとき音が途切れない
素早い動きで音がつながったように聴かせることができる
(実際は音と音は、つながってはいない場合もある)

スライドの音

スライドのフレーズはどんな音がするのか?

以下は「ド・ソ」と弾いた音源です♪
①「スライドありでド・ソ
②「スライドなしでド・ソ

スライド奏法あり♪
スライド奏法なし♪
へいじ
へいじ

スライドを使うと音程の変化が滑らかだね!

マメスケ館長
マメスケ館長

スライドしたときのフレットノイズもカッコイイですね〜♪

フレットノイズ:フレットに弦が当たる「ジャリジャリ」した音

へいじ
へいじ

フレットレスベース」を使うとフレットノイズがない音が出せるね!

フレットレスベースについて詳しくはコチラの記事で→フレットレスベースの音♪

ベースのグリッサンド〜記号・やり方〜

グリッサンド」「glissando:イタリア語」
グリス」といってもOK

音程を上げるのが「グリスアップ
音程を下げるのが「グリスダウン

※「グリッサンドアップ」とはあまり言わないです(長くてめんどくさいから)

グリッサンドの表記

表記
「g」
曲線でグリッサンドの方向を示す
「g」の表記がない場合もある

奏法
動きはスライドと一緒ですが、到達点が決まっていない
効果音的な奏法

効果
到達点が決まっていないだけでスライドと同じ効果が得られる
ダイナミックな動きのフレーズができる

へいじ
へいじ

「X」で示したTAB譜は「フレットはどこでもいい」と言う表記だね!
だいたい、12〜15フレットあたり。

マメスケ館長
マメスケ館長

「フレットの指定」があっても到達点がない場合はグリッサンドですね〜♪

ベースのスライドとグリッサンド奏法をするコツ

「スライド」と「グリッサンド」の動きはどちらも同じです。
なので、奏法のコツも同じです。

「そのコツは?」

①力の入れすぎは良くない
②到達点(フレット)を見る
③弦が錆びるとやりにくい、、

①力の入れすぎは注意!

弦を押さえたまま滑らせる奏法ですが、
力を入れすぎると上手く弦の上をすべりません。
力がなさすぎると音が止まってしまいます。

スライドの到達点まで程よい力を入れて滑らせる練習」をしましょう!

この感覚は、何度も繰り返してつかんでいくことです。

②到達点(フレット)を見る

スライドするときの「目線」です。

滑らせる手」を見ながらスライドする方がいますが、これは間違いです。

スライドの到達点のフレット」を先に見ることが大事!

へいじ
へいじ

スライドする手の動きを目で追ってしまうと、到達するフレットがずれてしまう。。

マメスケ館長
マメスケ館長

「フレットの手前で止まったり」「フレットを通り過ぎてしまったり」ですね〜♪

③弦が錆びるとスライドしにくい、、

が錆びると「滑りが悪くなる」

この場合は弦交換が必要です→弦交換のやり方♪

後は、手触りが滑らかな弦を張ることでよりスライドがしやすくなります

それには「コーティング弦」がオススメです!
詳しくはコチラの記事で→手触りなめらか・コーティング弦について♪

へいじ
へいじ

応急処置としては、潤滑剤を使うこともあるね!
ある程度は滑りやすくなるよ!

TONE Finger-ease フィンガーイーズ
created by Rinker

イコライザーで音作り

エフェクターを使って音作りをするという手もあります。

イコライザー
中音域を上げて柔らかい音色にする
中音域はバラードやメロディ弾きを引き立てる
高音域を上げてダイナミックなサウンドにすることもできる


それではここから「スライド」と「グリッサンド」の練習をしていきましょう♪

ベースのスライド〜練習フレーズ♪〜

ではスライドの練習フレーズを紹介します。

それぞれ音源を聴きながら演奏してみてください♪

・使用ベースは「ジャズベース
・練習する時は「アンプ」も小型で良いので使いたいです。

ex.1 スライド人差し指

人差し指でスライドをしてみましょう!

スライド/ex.1

手順
1小節目:
1拍目、4弦3フレットを人差し指で押さえてピッキング

2拍目、人差し指で押さえたまま5フレットへ指をすべらせる

そのまま5フレットで音を伸ばす(ピッキングはしない)

3〜4拍目、休符を入れる

2小節目:
3弦でも同じ動き

へいじ
へいじ

スライドのとき、指の力をゆるめると音が止まってしまうから注意!

マメスケ館長
マメスケ館長

到達点でピッキングはしないので注意ですね〜♪

ex1のフレーズの注意点

チェックポイント
5フレットまで指を押さえたまま滑らせる
フレットの近くまで動かす
スライドのタイミングが早くならないように注意
ここでは4分音符のリズムで弾いているので、そのタイミングでスライドする必要がある。
スライドが早くなりすぎないように気をつけよう!

マメスケ館長
マメスケ館長

スライドのタイミングを意識しないと早くなりやすいですね〜♪

へいじ
へいじ

間違えやすいのが「ピッキングしてすぐにスライドしてしまう」ことだね。
4分音符のリズムにのって弾くことを意識!

スライドのタイミングの違い」も音源でチェックしましょう♪

ex.2 スライドの速さをコントロール

スライドの速さを変えてフレーズのニュアンスを変えてみましょう!

スライド/ex.2-①
スライド/ex.2-②♪

ex.2の①:スタートの音が決まっていないスライド
手順
1拍目:5フレットあたりから7フレットに対して小指(薬指)でスライド

2拍目:2弦に移動して人差し指で5フレット

3〜4拍目:休符

ex2の①ポイント
目標のフレットに対して2〜3フレットしたからスライドする
だいたいこのあたりというポジション」を見つける
スライドのスピードをコントロールしてみる
※音源ではスライドのスピードを変えて2パターン演奏

ex.2の②:大きく動くスライド
手順
1拍目:3フレットを人差し指で押さえて伸ばす

2拍目2弦5フレット

3拍目:5フレットから10フレットまで小指でスライド
(スライドの途中で指が弦からこぼれないように)

※動きの速いスライドと遅いスライドを弾き分ける

ex2の②
5フレットを弾いたあと目線は10フレットに向ける
・スライドのスピードをコントロールする。
5フレットから一瞬で10フレットまでスライド
5フレットから10 フレットまでゆっくりスライド

へいじ
へいじ

スライドの速さをコントロールするのは、

どんなんニュアンスで弾きたいか?」ってイメージが大事!

マメスケ館長
マメスケ館長

「フレーズを歌うように弾く」ですね〜♪

先ほどの音源のように「速いスライド」「遅いスライド」を使い分けてみましょう!

ベースのグリッサンド(グリス)〜練習フレーズ♪〜

ex.3 開放弦へつなぐグリッサンド

グリッサンド/ex.3-①
グリッサンド/ex.3-②

グリスダウンからのフレーズ
手順
1拍目:4弦5フレットを人差し指で押さえてピッキングする

押さえたまま0フレット側にグリスダウン

2拍目:アタマ拍でグリッサンドの手を離す

そのあと8分フレーズでリズムをキープ

グリスアップからのフレーズ
手順
1拍目:4弦5フレットを人差し指で押さえてピッキングする

押さえたまま12フレット側にグリスアップ

2拍目:アタマ拍グリッサンドの手を離す

そのあと8分フレーズでリズムをキープ

グリスダウンのポイント
ダウンの場合、1フレットまで使い切る必要はない。
弾いてすぐにダウンするのではなく、5フレットで少しためる
グリスアップのポイント
どこまでアップするかはテンポや曲の雰囲気で変わる
アップする時もダウン同様に、5フレットで少しためる

へいじ
へいじ

5フレットでためる」ってのは大事!
弾いてすぐに動かないようにすると、良いニュアンスが出せる。

マメスケ館長
マメスケ館長

スタートのフレットが決まっている場合はそのフレットで「ためる」ですね〜♪

ex.4 効果音的なグリッサンド

効果音で使うグリスは「x」で表記されます。

曲の最初で「ドゥーーん」というグリスダウンをいれるやり方を紹介します。

その①
カウントの4拍目で短くグリスアップ(人差し指)
その後すぐにグリスダウン
グリスのスタートは、だいたい4弦12〜15フレット
ピッキングと同時に弦を押さえてアップとダウンをする。
そのまま5フレットまでダウン。

グリッサンド/ex.4-その①
マメスケ館長
マメスケ館長

どの指でもできるようにしたいですね〜

へいじ
へいじ

使う指は、後に続くフレーズで変わるね!

その②
スタートは、だいたい4弦12〜15フレット
カウントの3拍目ウラからグリスアップ(人差し指)
4拍目で反対方向にグリスダウン(人差し指)
そのまま5フレットまでダウン

グリッサンド/ex.4-その②♪
マメスケ館長
マメスケ館長

「ドゥッドゥーーん」のパターンですね〜
カウントから「1・2・3ドゥッドゥーーん」みたいな感じですよ〜♪

へいじ
へいじ

どの弦でもできるようにしたいね。
4弦は太い音、1弦は細くて軽い音

その③
「グリスアップ」と「グリスダウン」で弦を変えるとい方法もあります。

少し難しいですが、
・12〜15フレットあたりからスタート
カウントの3拍目ウラから1弦でグリスアップ(小指)
4拍目で3弦に乗せかえてグリスダウン(人差し指)

グリッサンド/ex.4-その③

「弦の組み合わせ」でいろんな音のパターンができます。

へいじ
へいじ

曲のアタマでベースが「ドゥーン」って入ると、曲に勢いがつく!

マメスケ館長
マメスケ館長

ギターとベースが一緒にグリスするのも面白いですね〜♪

ベースのスライド&グリッサンド〜練習音源♪〜

それでは最後に今日紹介した「ex.1〜4のフレーズ」をつなげて演奏してみましょう♪

ぜひ、一緒に演奏してください!
※最後の音は「4弦5フレット」で伸ばして終わっています。

演奏音源をチェック♪

ex.1〜4/ 演奏音源♪

※ただ今動画も作成しています
完成したときは見に来てくださいね!

ベースのスライド&グリッサンドの解説〜まとめ〜

今日の練習は「スライド」と「グリッサンド

どちらも「弦の上をすべらせる」という事は一緒でしたね。

なめらかな音程の変化
動く速さでニュアンスが変わる
曲のアタマでグリッサンドを使えばダイナミックな演奏ができる

ただ、筆者は「スライド」「グリッサンド」を区別して弾いていません

「音から音へ移動して、それがたまたまスライドorグリッサンドだった」くらいで考えています。

バンドスコアなどTAB譜で読むときは記号を知っておいた方が良いですけどね。

あとはそのフレーズを「どうやって曲に活かすか?」
表現力が大事になってくるわけです。

滑らかな変化。
ダイナミックな効果音。

ぜひマスターしましょう!

そのほかのテクニックも解説しています。

ハンマリング
プリング
チョーキング(ベンド)
ビブラート
タッピング(ライトハンド)
スラップ
ダウンピッキング
オルタネイトピッキング
その他のタブ譜記号

スライドとグリス
音をなめらかにつなぐ奏法。

表記の違いはあるけれど、
「どっちでもスベる」です。

スベってなんぼ!


それではまた次回お楽しみに〜♪

著者
heymusic

【著者プロフィール】
和山へいじ 1984年 京都府出身
音楽家、画家。
演奏楽器:ベース、ギター、ウクレレ。
15歳から音楽活動を始め、22歳でヤマハ講師の資格を取得し後進の指導にあたる。
数々のレコーディングやアーティストのサポートなど活動は多岐にわたる。
2014年に自身のオリジナルアルバム”Heymusic&Associates”をリリース。
2018年には画家として個展を開く。

heymusicをフォローする
テクニック
heymusicをフォローする
Bass-the-World~ベースザワールド~

コメント

タイトルとURLをコピーしました