PR

【音源比較】小型ベースアンプのおすすめ8選〜初心者の自宅練習に最適♪〜

弦・アクセサリ
記事内に広告が含まれています。

※English article here→Recommended small bass amps

マメスケ館長
マメスケ館長

今日は小型アンプの紹介ですね〜♪

へいじ
へいじ

ベースを始めた頃、初心者セットで付いてきた小型のアンプを使っていたね♪

ベースの練習にアンプは必要!
普段の練習でも、アンプを通した音を聴くことで正確な音程が取れます

今日は自宅練習で使える「小型アンプ」の紹介をします。
演奏音源もあるので実際の音もチェックしてみてくださいね!

この記事はこんな人にオススメ
自宅練習で使えるアンプが欲しい♪
小型のアンプを探している
安いアンプが欲しい♪
アンプの音を聴きたい♪

アンプ選びで迷っている方は要チェックです!

記事の前半でベースアンプの選び方と種類について解説→解説へスキップ♪
記事の後半でおすすめのベースアンプを紹介

今回紹介するアンプはコチラのラインナップ!

画像タップで試奏音源へ♪
画像モデルサイズ重さワット(W)価格
フィルジョーンズ/
NANOBASS X4C
高さ20cm x横幅16cm x奥行き19.7cm2.6kg35W4万円〜
フィルジョーンズ/
DOUBLE FOUR BG-75
高さ16cm x横幅28cm x奥行き20cm3.9kg70W7万円〜
フィルジョーンズ/
DOUBLE FOUR PLUS
高さ20.3cm x横幅32.9cm x奥行き21.5cm5.1kg90W7万円〜
NUX(ニューエックス) /
Mighty Bass 50BT
高さ32.6cm x横幅30cm x奥行き22.5cm7.2kg50W3万円〜
ARIA (アリア) /
AB-10MKII
高さ27cmx横幅30cmx奥行き14.3cm3.6kg3W7,000円〜
8,000円前後
ORANGE(オレンジ)/
Crush Bass 25B
高さ40cmx横幅35cmx奥行き25cm10kg25W8万円〜
VOX(ボックス)/
Pathfinder Bass10
高さ27.7cm横幅38cmx奥行き17cm5.26kg10W1万5千円〜
MODEGEAR(モードギア)/
MINI-B
高さ21.6cm横幅18.6cmx奥行き15cm2.38kg10W2万4千円〜
※価格は変動します。

それでは今日も行ってらっしゃい♪

ベースアンプの機能・使い方

ベースアンプ

エレキベースは音を増幅しなければバンドの中で使えません

この「音を増幅する装置」を「アンプ(amplifire/アンプリファイヤー)」といいます。

※アンプで音を出すにはシールドも必要です。

シールドについてはこちらの記事を参考にしてください→【初心者からプロまで】ベース用シールの紹介

アンプの機能

アンプの機能」は、

・音量の調整(ボリューム)
・イコライジング(音の周波数の調整)
・エフェクトをかける(音色を変える)
などの機能があり、それぞれのツマミがアンプに付いています。

マメスケ館長
マメスケ館長

INPUT LEVEL」と「MASTER VOL」が付いてる場合、両方とも上げないと音が出ないので注意ですね〜♪

コンプレッサーが内蔵されたアンプもたまにあります。

へいじ
へいじ

アンプによって「エフェクト」の機能が付いていないものもあるから、事前にチェックしよう!

イコライジングについて詳しくはこちらの記事で→【音質補正に必要】ベース用イコライザー(EQ)の使い方&おすすめ紹介〜演奏音源♪〜

エフェクトについて詳しくはこちらの記事で→【おすすめ】ベース用マルチエフェクターの使い方〜ZOOM MULTI STOMP MS-60B〜

アンプの種類

アンプにはいくつか種類があります。

セパレートタイプ
・ヘッドアンプキャビネット(スピーカー)に分かれているタイプ
ライブハウスやスタジオでよく使われる
それぞれ違うメーカーを組み合わせることも可能
大型のものが多い(重い)

へいじ
へいじ

違うメーカー同士を組み合わせて、それぞれの良いところが引き出せるね♪

マメスケ館長
マメスケ館長

ヘッドアンプ部分だけをライブに持っていく」方もいますね〜♪
(キャビネットはライブハウスのモノを使用)

コンボタイプ
・ヘッドアンプとキャビネット(スピーカー)が一つになったモノ
小型、中型のモノが多い(軽い)
持ち運びがしやすい

へいじ
へいじ

自宅用ならコンボタイプがおすすめ

マメスケ館長
マメスケ館長

小型なので場所を取らないですね〜♪

アンプ選びと種類まとめ
セパレートタイプとコンボタイプがある
ボリューム、イコライザー、エフェクトなどの機能がついている
自宅練習用のアンプは「小型でコンボタイプ」がおすすめ
中型アンプの運搬は「マグナカート」で運ぶ (後ほど紹介)

ベースアンプ小型のおすすめ〜持ち運びできる♪〜

ではここから「おすすめのベースアンプ」の紹介をしていきます。

使用ベースYAMAHA/BB234初心者におすすめのエレキベース6選!
録音方法:マイクでスピーカーからの音を録音
指弾きピック弾きスラップ(チョッパー)で演奏

へいじ
へいじ

イコライザーで音作りをすると、アンプ本来の音が分からなくなる。
初めはイコライザーを上げ下げせずに音を出そう!

①PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /NANOBASS X4C〜小型アンプの決定版〜

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /NANOBASS X4C

「このサイズでこのパワー!?」というベースアンプが2022年夏に発売されました。

フィルジョーンズベース /NANOBASS X4C
詳細はホームページでチェックできます→PHIL JONES BASS/ NANOBASS X4C

サイズ:高さ20cm x横幅16cm x奥行き19.7cm
重さ:2.6kg
出力:35ワット

おすすめポイント
ワイドレンジで豊かな低音
モバイルバッテリーで駆動できる(ACアダプターは付属しています)
超小型でパワーがある
カラーはブラック、レッド、ホワイト

演奏音源♪

NANOBASS X4C/指弾き
NANOBASS X4C/ピック弾き♪
NANOBASS X4C/スラップ♪
へいじ
へいじ

このサイズでこのパワーはすごいね!
さすがフィルジョーンズさん!

マメスケ館長
マメスケ館長

小型でも低音がしっかり出てますね〜♪

NANOBASS X4C – PHIL JONES BASS
created by Rinker

②PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR BG-75

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR BG-75
こちらは筆者愛用のコンボアンプです。

先ほどのNANOBASS X4Cより少しサイズは大きめ。
アコースティックバンドや小さなカフェでの演奏では十分使えるアンプです!

詳細はホームページでチェックできます→PHIL JONES BASS/DOUBLE FOUR BG-75

サイズ:高さ16cm x横幅28cm x奥行き20cm
重さ:3.9kg
出力:70ワット

おすすめポイント
クリアでパンチのある音
全ての音域を素直に表現できる
縦置きと横置きどちらもできる
カラーはブラック、レッド、ホワイト

DOUBLE FOUR BG-75/指弾き♪
DOUBLE FOUR BG-75/ピック弾き♪
DOUBLE FOUR BG-75/スラップ♪
へいじ
へいじ

このアンプはとても重宝しているね!

マメスケ館長
マメスケ館長

持ち運びも楽にできますね〜♪

Double Four – PHIL JONES BASS
created by Rinker

フィルジョーンズ/DOUBLE FOUR」は生産終了しています。
その後継がコチラの「DOUBLE FOPUR PLUS」です。

③PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR PLUS

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR PLUS

先ほど紹介した「フィルジョーンズ/DOUBLE FOUR」がパワーアップしたアンプです。

サイズ:高さ20.3cm x横幅32.9cm x奥行き21.5cm
重さ:5.1kg
出力:90ワット

おすすめポイント
音の方向性は「DOUBLE FOUR」と同じ
出力90ワットでハイパワー
モバイルバッテリー駆動ができ野外などでも使用できる
カラー:ブラック,ホワイト,レッド,ピーコックブルー(限定生産)

DOUBLE FOUR PLUS/指弾き♪
DOUBLE FOUR PLUS/ピック弾き♪
DOUBLE FOUR PLUS/スラップ♪
へいじ
へいじ

サイズ感は少し大きくなったけど、音はフィルジョーンズ!
基本の音質は「DOUBLE FOUR」と同じでパワーが上がった感じ

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR PLUS
created by Rinker

※フィルジョーンズのアンプはコチラの記事でも紹介しています→フィルジョーンズベースの紹介・試奏音源♪

④NUX(ニューエックス) /Mighty Bass 50BT〜多機能を搭載〜

NUX(ニューエックス) /Mighty Bass 50BT

多機能のコンボアンプ。

サイズ:高さ32.6cm x横幅30cm x奥行き22.5cm
重さ:7.2kg
出力:50ワット

おすすめポイント
MIDDLEの周波数を調整できる(M.FREQ)
「歪み」「コーラス」「リバーブ」のエフェクトをかけられる
スマホアプリでより細かいサウンドメイクが可能

演奏音源♪

NUX/指弾き♪
NUX/ピック弾き♪
NUX/スラップ♪
へいじ
へいじ

この他にエフェクトをかけた音も聴いてみよう!

エフェクトをかけるには「CHANNEL」というボタンで切り替える。
・緑が「ノーマル」
・黄色が「コーラス」
・赤が「歪み」

NUX/コーラスエフェクト
NUX/歪みエフェクト
マメスケ館長
マメスケ館長

リバーブをかけてハーモニクス奏法ビブラートをすると上品なサウンドが仕上がりますね〜


歪み」について知りたい時はコチラの記事を参考に

・サンズアンプの記事→【新旧型サウンド比較】サンズアンプの使い方&セッティング〜イラストと音源でチェック〜
・歪み系エフェクターの記事→【演奏音源で選ぶ】ベース用歪みエフェクターおすすめ4選〜低音だって歪みたい〜

NUX ( ニューエックス ) Mighty Bass 50BT 50W コンボベースアンプ
created by Rinker

NUXからはヘッドホンアンプというタイプのアンプも発売されています。
詳しくはこちらから→NUXヘッドホンアンプの紹介♪

⑤ARIA ( アリア ) / AB-10MKII

ARIA ( アリア ) / AB-10MKII

今回紹介するアンプで一番やすいベースアンプです。

サイズ:高さ27cmx横幅30cmx奥行き14.3cm
重さ:3.6kg
出力:3ワット

おすすめポイント
低音域〜高音域までバランスの良い音
TREBLEの効きが良く、アタックを強調した音色が作れる
(ハンマリングプリングの音がクリアになります)
この価格とサイズでは、とてもお得なアンプ!

AB-10MKII/指弾き♪
AB-10MKII/ピック弾き♪
AB-10MKII/スラップ♪
へいじ
へいじ

ピック弾きスラップで演奏するときはTREBLEを少し上げると良い感じなるよ♪

おすすめピックの紹介はコチラの記事で→ピックの選び方・オススメ紹介♪

マメスケ館長
マメスケ館長

イコライザーのツマミがシンプルで使いやすいですね〜♪

ARIA ( アリア ) AB-10MKII
created by Rinker

⑥ORANGE(オレンジ)/ Crush Bass 25B

ORANGE/ Crush Bass 25B

「ORENGE」のアンプはオレンジ色。

サイズ:高さ40cmx横幅35cmx奥行き25cm
重さ:10kg
出力:25ワット

おすすめポイント
温かみのあるサウンド
FREQ」のツマミでMIDDLEの周波数を調整できる
サイズは中型アンプ
チューナーを搭載している

ORENGE/指弾き♪
ORENGE/ピック弾き♪
ORENGE/スラップ
へいじ
へいじ

太くて温かみのある音だね!
指弾きでMIDDLEを上げるといい感じ♪

マメスケ館長
マメスケ館長

デザインもオシャレですね〜♪

⑦VOX(ボックス)/ Pathfinder Bass10

VOX/ Pathfinder Bass10

「Pathfinder(パスファインダー)」は「開拓者」の意味。

サイズ:高さ27.7cm横幅38cmx奥行き17cm
重さ:5.26kg
出力:10ワット

おすすめポイント
DRIVE」のツマミが12時方向より左に回すとナチュラルなサウンド
DRIVE」のツマミを12時方向より右に回すと歪みサウンド
BRIGHT」スイッチで高音域が目立つ音に変化

VOX/指弾き♪
VOX/ピック弾き♪
VOX/スラップ♪
へいじ
へいじ

DRIVE」を上げて歪んだ音も出せる!

VOX/DRIVE♪
マメスケ館長
マメスケ館長

「DRIVE」や「BRIGHT」でチョーキング(ベンド奏法)やスライド(グリッサンド)でダイナミックなフレーズを弾くと良いですね〜♪

VOX / Pathfinder Bass 10 コンパクト ベースアンプ
created by Rinker

※ハムバッキングピックアップのベースは歪みの音と相性がいいです→スターリンベースの紹介・試奏音源♪
※VOXはヘッドホンアンプというタイプのアンプも発売されています。
詳しくはこちらから→VOXヘッドホンアンプの紹介♪

⑧MODEGEAR MINI-B

超小型の自宅用アンプ
MODEGEAR(モードギア) MINI-B

サイズ:高さ21.6cm横幅18.6cmx奥行き15cm
重さ:2.38kg
出力:アダプター使用時/10ワット
電池駆動/5ワット

おすすめポイント
超小型サイズ
自宅用では十分な音量
30時間の電池駆動が可能
少し大きいサイズの”LOUD MINI-B”というモデルもある

マメスケ館長
マメスケ館長

大きさを示すとこんな感じです〜♪

MODEGEAR/指弾き♪
MODEGEAR/ピック弾き♪
MODEGEAR/スラップ♪
へいじ
へいじ

小型で素晴らしい作りだね!
低音もしっかり鳴ってる♪

MODEGAER MINI-B
created by Rinker

※横幅が6cmほど広い「LOUD MINI-B」というモデルもあります。

MODEGEAR LOUD MINI-B
created by Rinker

小型ベースアンプ〜比較〜

今回紹介したアンプをまとめておきます。

「大きさ」「値段」「機能」に分けてオススメを3つ。

大きさ(小型)で選ぶと

①フィルジョーンズ/NANO BASS X4C
②フィルジョーンズ/DOUBLE FOUR BG-75
DOUBLE FOUR PLUSでも大きな差はなし
③アリア/AB-10MKII

アンプのコンパクトさではやはりフィルジョーンズが優秀ですね!

大きいモノは「ORANGE/Crush Bass 25B」と「VOX/Passfinder Bass10」です。

NANOBASS X4C – PHIL JONES BASS
created by Rinker
Double Four – PHIL JONES BASS
created by Rinker
ARIA ( アリア ) AB-10MKII
created by Rinker

値段の安い順では、

①アリア/AB-10MKII:7,500〜8,300円くらい
②VOX/Pathfinder Bass10:14,000〜17,000円くらい
③ORANGE/Crush Bass 25B:23,800〜31,000円くらい

ARIA ( アリア ) AB-10MKII
created by Rinker
VOX / Pathfinder Bass 10 コンパクト ベースアンプ
created by Rinker

機能別では、

①NUX/Mighty Bass 50BT:エフェクトが多彩
ORANGE/Crush Bass 25B:チューナー機能、MIDの周波数を変更可能
VOX/Pathfinder Bass10:歪みのDRIVEがついている

NUX ( ニューエックス ) Mighty Bass 50BT 50W コンボベースアンプ
created by Rinker
VOX / Pathfinder Bass 10 コンパクト ベースアンプ
created by Rinker


以上、オススメポイント別の紹介でした♪

小型ベースアンプの運搬についてよくある質問

小型ベースアンプを持ち運ぶ方法は?

ベースアンプの持ち運びには「マグナカート」が便利です!

コンパクトに折りたためるので、収納にも困らない
エフェクターボードやキーボードの運搬に使うこともある
中型と小型を2段積みで運ぶことも可能

へいじ
へいじ

ライブにアンプを持ち込む時はこれに積んで運搬しているよ!
小型と中型を2段積みで♪

MAGNA CART(マグナカート)/ 折りたたみキャリーカート
created by Rinker

アンプの運搬は「マグナカート」で!

おすすめ自宅用小型ベースアンプ紹介〜まとめ〜

ということで、今回は「おすすめ小型ベースアンプの紹介」でした。

どのアンプも自宅用にはぴったりでした。

中でも「フィルジョーンズ」の小型アンプは、持ち運びも便利です。

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /NANOBASS X4C」は小型でもパワフルサウンドが魅力的!

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR BG-75」なら、カフェや小さなライブハウスで充分使えます。
(筆者も愛用しています!)

PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR PLUS
「DOUBLE FOUR」の進化版!小型でハイパワーのアンプはこれ!

NUX(ニューエックス) /Mighty Bass 50BT」は音作りが豊富です。
アンプで歪みも出せて、ロックベースには最適!
スマホアプリでより細かいセッティングができます。

ARIA ( アリア ) / AB-10MKII
安くて使いやすくて良い音!
初めてのベースアンプはこれで決まり!

ORANGE/ Crush Bass 25B
太く温かい音
中型アンプでパワーが欲しいときはこれ!

VOX/ Pathfinder Bass10
ナチュラルから歪みサウンドまで幅広い音作りが可能!

そして良いアンプが見つかれば、テクニックを磨いていきましょう!

ハンマリング
プリング
スライド&グリッサンド
ビブラート
ハーモニクス
タッピング(ライトハンド)
スラップ
ダウンピッキング
オルタネイトピッキング
チョーキング(ベンド)
はベースに欠かせないテクニックです。

その他のタブ譜記号

オススメのベース紹介はコチラ

バッカスベースの紹介
フジゲンベースの紹介
スターリンベースの紹介
初心者にオススメのベース紹介
ぼっちざろっくをやるならこれ!
G&Lベースの紹介

へいじ
へいじ

小型でも良い音のアンプばかりだっだね!

マメスケ館長
マメスケ館長

どのアンプも練習で使ってみたいですね〜♪

NANOBASS X4C – PHIL JONES BASS
created by Rinker
Double Four – PHIL JONES BASS
created by Rinker
PHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース) /DOUBLE FOUR PLUS
created by Rinker
NUX ( ニューエックス ) Mighty Bass 50BT 50W コンボベースアンプ
created by Rinker
ARIA ( アリア ) AB-10MKII
created by Rinker
VOX / Pathfinder Bass 10 コンパクト ベースアンプ
created by Rinker


正確な音程を聴き取るためにはアンプが必要。

それは、大きなアンプでなくても、小型のアンプで充分

最初は小さくスタート。

でも、夢は大きく!


それではまた次回お楽しみに〜♪

著者
heymusic

【著者プロフィール】
和山へいじ 1984年 京都府出身
音楽家、画家。
演奏楽器:ベース、ギター、ウクレレ。
15歳から音楽活動を始め、22歳でヤマハ講師の資格を取得し後進の指導にあたる。
数々のレコーディングやアーティストのサポートなど活動は多岐にわたる。
2014年に自身のオリジナルアルバム”Heymusic&Associates”をリリース。
2018年には画家として個展を開く。

heymusicをフォローする
弦・アクセサリ
heymusicをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました