PR

ベースのチョーキングのやり方・コツを解説〜タブ譜と演奏音源で練習♪〜

テクニック
記事内に広告が含まれています。
へいじ
へいじ

チョーキングは弦を押し上げて音程を変えるテクニック!

マメスケ館長
マメスケ館長

ロックからジャズ系まで幅広いジャンルで使われますね〜♪

今日は「チョーキングのやり方と練習フレーズ」を紹介します!

こちらの記事は動画も作成中です。
完成までしばらくお待ちください。

知りたいポイント
チョーキングのやり方
チョーキングの記号
チョーキングの種類
チョーキングを使ったフレーズ〜演奏音源♪〜

チョーキングは「弦を押し上げ、押し下げて音程を変える」テクニックです。
演奏音源を聴いて、基礎からマスターしましょう♪

記事の前半でチョーキングの知識とやり方解説
記事の後半でチョーキングの練習フレーズを紹介
※今すぐチョーキングのフレーズを聴きたいときは→チョーキングの演奏音源♪

以上の内容で進めて参ります!

記事の内容は「ベンド」の記事と同じ内容になっています。
「チョーキング」と「ベンド」は同じ奏法です。

それでは今日も行ってらっしゃい♪

ベースのチョーキング〜記号〜

チョーキング」「choking
※英語では「息苦しい・圧迫する」みたいな意味らしい。

先ほども言いましたが「ベンド(ベンディング)」と同じ奏法です。

チョーキングの表記

表記
「cho」「C」

チョーキングアップとチョーキングダウン
チョーキングは、
音程を上げる「チョーキングアップ(チョークアップ)」
上げた音程を元に戻す「チョーキングダウン(チョークダウン)」
がある。

記号はこちら

チョーキングをするタイミングの違い

表記によってチョーキングをするタイミングが変わります。

①ピッキングと同時にチョーキングする
②③ピッキングの後に遅れてチョーキングする

へいじ
へいじ

②は4分音符を伸ばした後にチョーキング
③は8分音符を伸ばした後にチョーキング
どちらもピッキングはしないから注意しよう!

ベースのチョーキング〜種類・音〜

チョーキングした音程の変化の大きさで表記が変わります。

チョーキングの種類4つ

C(cho)1音上げチョーキング:音程を1音あげる
※基本は「C(cho)」と表記されていたら「音程を1音あげる」です。

H.Cハーフチョーキング:音程を半音あげる

Q.Cクオーターチョーキング:音程を4分の1あげる(半音の半音)

1H.C1音半チョーキング:音程を1音半あげる

へいじ
へいじ

実際やってみると「1音上げるチョーキング」は、ベースではなかなかな大変かな。
1音半なんて絶対できない。。

マメスケ館長
マメスケ館長

1音以上のチョーキングはギターの技ですね〜♪

ベースの演奏では「ハーフチョーキング」もしくは「クオーターチョーキング」を覚えておけば大丈夫です!

※バンドスコアなどに「C」「cho」だけ書かれていたら、おそらく「ハーフチョーキング」のことだと思います。(多分、、笑)

チョーキングした音を聴いてみる♪

では実際の音の変化をきてみましょう♪

ハーフチョーキングクオーターチョーキングの2つを聴き比べてください。
「1弦12フレットをチョーキングアップ・チョーキングダウン」した音です。

12フレット/ ハーフチョーキング♪
12フレット/ クオーターチョーキング♪
へいじ
へいじ

ハーフチョーキングは12フレットから13フレットの音まで(半音)上がるわけだね!

マメスケ館長
マメスケ館長

クオーターチョーキングは12フレットと13フレットの真ん中まで(4分の1)上げるということですね〜♪

※クオーターチョーキングは、正確に「4分の1」と意識せず「軽く上げた」くらいで弾くことが多いです。
感覚を大事に弾きましょう♪

ベースのチョーキング〜やり方〜

それでは、チョーキングのやり方をみていきましょう♪

指の動きは「ハーフチョーキング」も「クオーターチョーキング」も同じです。
弦を押し上げる幅が違うだけです。

チョーキングの方向
使う弦によってチョーキングの方向が変わります。
1弦(2弦)上方向に押し上げる
2〜4弦下方向に押し下げる
※2弦はどちらの方向もします。

ハーフチョーキング」を例にそれぞれ見ていきましょう。

ハーフチョーキング〜上方向に押し上げる〜

1弦をチョーキングする場合は、
・上方向に弦を押し上げてチョーキングアップ

押し上げる手順
フレットを中指でななめに押さえる
人差し指を補助で同時に押さえる
親指はネックをにぎりこむ

弦を押さえたまま手首をひねって弦を押し上げる(チョーキングアップ)

上げた指をそのまま元に戻す(チョーキングダウン)

マメスケ館長
マメスケ館長

スタートは指を「ななめ」に構えるのがポイントですね〜♪

薬指」でやっても同じです。
ななめに構えて
人差し指と中指が補助
手首をひねる
手首をもとに戻す(チョーキングダウン)

押し上げるときのポイント
押さえた指以外の指で補助する
手首をひねって弦を押し上げる
親指でネックをにぎり込む
指の力で弦を押し上げない

へいじ
へいじ

押し上げるチョーキングは、人差し指だけでは力が入らないね。。
小指もやりにくいから使わないよ。

マメスケ館長
マメスケ館長

中指薬指を覚えればOKですね〜♪

手首をひねる感覚をつかむ

弦を押さえずに手首をひねる感覚をつかんでおくのも良いです。

親指をかけたところが→支点
手首が→力点
押さえた指が→作用点

へいじ
へいじ

「手首をひねったら指が上に押しあがった」という力の伝わり方だね!

チョーキング〜下方向に押し上げる〜

次は弦を下方向に押し下げるチョーキングです。
小指でアップとダウンをやってみましょう♪

押し下げる手順
4弦5フレットを小指で押さえる
補助で人〜薬指まで同時に押さえる

指の関節を曲げるようにして弦を押し下げる(チョーキングアップ)

弦を押さえたまま曲げた指をもとに戻す(チョーキングダウン)

マメスケ館長
マメスケ館長

押し下げるタイプは指の関節をグッと曲げる動きですね〜♪

こちらはどの指でもできるように練習しましょう。

へいじ
へいじ

押し下げる方は、人差し指1本でもできるよ!

押し下げるときのポイント
押さえる指以外を補助で使う
指の関節を曲げて弦を押し下げる
人差し指は1本でチョーキングする

指の関節を曲げる動きを確認

こんな感じで指を曲げる動きを確認♪

この動きで下方向はチョーキングできます。

マメスケ館長
マメスケ館長

下方向は意外と楽にチョーキングできますね〜♪

弦をどこまで押し上げ・押し下げるか?

チョーキングの幅で音程が変わるわけですが、「どこまで上げたら良いの?」でしょうか。

ハーフチョーキングの場合
目安は「となりの弦に付くか付かないか」で音程が半音上がります。

クオーターチョーキングの場合
弦と弦の間」くらいで音程が4分の1上がります。

以下のイラストと写真は「弦をどこまであげるか」を表しています。

へいじ
へいじ


ハーフチョーキングは中途半端に上がって、気持ち悪い音程になりがち、、
「となりの弦に当てにいく」くらいの力で!

マメスケ館長
マメスケ館長

指の力では無理なので、手首の使い方が大事になってくるんですね〜♪

これらの動きを細かく繰り返すテクニックにビブラート奏法があります。
ビブラートについて詳しくはコチラの記事で→ビブラート奏法の練習フレーズ♪

ベースのチョーキング〜練習フレーズ♪〜

ここまでの動きを使ってフレーズに挑戦しましょう♪

ex1〜4までハーフチョーキングクオーターチョーキングのフレーズを紹介します。
タブ譜と演奏音源で練習してみてください♪

・使用ベースは「ジャズベース
・練習する時は「アンプ」も小型で良いので使いたいです。

ex.1 ハイポジションでハーフチョーキング♪

いきなりハイポジションは難しいとは思いますが、、
チョーキングはハイポジションのメロディで使うことが多いです。

チョーキングの時、フレットノイズが鳴っても気にせずやりましょう♪
フレットノイズ:弦がフレットに当たってジリジリ鳴る音

ということで、ex.1はベースでメロディを弾いてみます!

ex.1/ ハイポジションでチョーキング♪

フレーズ解説
1小節目:
1弦14フレットを薬指で押さえてピッキング
※ピッキングと同時にハーフチョーキング(上方向)

2拍目は指を戻して14フレットをピッキング

3拍目1弦12フレット人差し指

4拍目2弦14フレット薬指

2小節目:全休符

へいじ
へいじ

弦を弾くと同時にチョーキングするタイプ。
指を14フレットに戻した時はもう一度ピッキングしよう!

ex.2 小指&薬指でクオーターチョーキングアップ

次は小指と薬指を使ってクオーターチョーキングアップです。

フレーズの最初は「ハンマリング」も使います。

ex.2/ クオーターチョーキング♪

フレーズ解説
1小節目:
1拍目、3弦5フレットから7フレットへハンマリング

2拍目オモテ、2弦5フレットへ人差し指で移動

2拍目ウラ、2弦7フレット小指でクオーターチョーキング(下方向)

3・4拍目そのままのばす

2小節目:
1拍目休符

2拍目、1弦7フレット人差し指

3拍目オモテ、1弦9フレット薬指で押さえてピッキング

3拍目ウラ、9フレットをクオーターチョーキング(下方向)

4拍目休符

へいじ
へいじ

1小節目のチョーキングと2小節目のチョーキングはタイミングが違うから気をつけよう!

ex.3 オモテ拍ウラ拍のチョーキング

このフレーズはロックバンド”T-REX“の「20世紀少年」で弾かれているイントロです。
※原曲はギターで演奏されています♪

ウラ拍(シンコペーション)のチョーキングはタイミングをつかむのが難しいしですが、音源をよく聴いて練習しましょう♪

ex.3/ オモテ拍ウラ拍チョーキング♪

フレーズ解説
1小節目:
1拍目、4弦ゼロフレット4分音符

2拍目、8分音符

3拍目、4弦2フレットを中指でハーフチョーキング(下方向)

4拍目オモテ、ゼロフレット

4拍目ウラ、2フレットハーフチョーキング(下方向)でシンコペーション

2小節目:
1拍目ウラ、ゼロフレット

2拍目、4弦2フレットを中指でハーフチョーキング(下方向)

3拍目、ゼロフレット4分音符

4拍目、休符

へいじ
へいじ

ゼロフレットを弾いた後にすぐ2フレットをチョーキングするのがポイント!

※このフレーズの中指は人差し指に変えてもできます。
※原曲は歪んだ音で演奏されているので、サンズアンプなどエフェクターを使うのもありですね!

ex.4 ハーフチョーキングアップ・ダウン

ex.4は「チョーキングアップとダウン」を使ったフレーズです♪

4分音符と8分音符の2つのタイミングがあります。

ex.4/ チョーキングアップ・ダウン♪

フレーズ解説
1小節目:
1拍目オモテ、2弦7フレット薬指ピッキング

1拍目ウラハーフチョーキング(上方向 )

2拍目オモテ、指を戻してチョーキングダウン

2拍目ウラ、5フレット人差し指

3〜4拍目、休符

2小節目:
1拍目オモテ、1弦14フレット薬指ハーフチョーキング

1拍目ウラ、指を元の位置に戻してチョーキングダウン

2拍目、12フレット人差し指

3拍目、2弦14フレット薬指

4拍目、休符

へいじ
へいじ

8分音符と4分音符でチョーキングダウンするタイミングを変えているよ!

※高音域を強調したい時はブリッジよりで弾くこともおすすめ
イコライザーで高音域を上げることも可能

ex.1〜4をつなげて演奏♪

それでは今回の練習したex.1〜4をつなげて演奏してみましょう♪

音源の最後は「4弦0フレット」を伸ばして終わっています。

ex.1~4をつなげて演奏♪
へいじ
へいじ

フレーズの変わり目でのポジション移動が遅れないようにしたいね!

今回紹介したフレーズはただ今、動画も作成中です
完成したときはまた見にきてください!

ベースのチョーキング〜まとめ〜

今回はチョーキングの解説とフレーズの紹介でした。

ベースの弦はギターに比べて太いので、チョーキングで弦を押し上げるのがなかなか大変だったと思います。

今回紹介したチョーキングは、
音程を半音あげる「ハーフチョーキング
音程を4分の1あげる「クオーターチョーキング

上方向に押し上げるコツは「手首のひねり」でしたね。

チョーキングはベースソロで使うこともあり、マーカスミラーやビリーシーンのソロを見て動きを真似ていました(弾けませんでしたが、、)
彼らはソロの時、エフェクターを使って派手な演奏をします。

そして、ソロで使うためには、ハイポジションでのチョーキングをマスターです!
今回紹介したex.1やex.4のフレーズを役立ちます。

ぜひ、みなさんのフレージングに取り入れてくださいね。

その他のテクニックも基礎をマスターして、よりいっそう演奏の幅を広げましょう♪
ハンマリング
プリング
スライド&グリッサンド
ビブラート
ハーモニクス
タッピング(ライトハンド)
スラップ
ダウンピッキング
オルタネイトピッキング
はベースに欠かせないテクニックです。

その他のタブ譜記号

その昔、
筆者は、ギタリストからチョーキングの動きを学びました。

ライブ映像で手元の動き見て、
それを真似てベースを弾いていました。

テクニックの習得に決まりはなく、
その動きを自分の演奏に取り入れれば良いわけです。

目的は「チョーキングをマスターする」
です!


それではまた次回お楽しみに〜♪

著者
heymusic

【著者プロフィール】
和山へいじ 1984年 京都府出身
音楽家、画家。
演奏楽器:ベース、ギター、ウクレレ。
15歳から音楽活動を始め、22歳でヤマハ講師の資格を取得し後進の指導にあたる。
数々のレコーディングやアーティストのサポートなど活動は多岐にわたる。
2014年に自身のオリジナルアルバム”Heymusic&Associates”をリリース。
2018年には画家として個展を開く。

heymusicをフォローする
テクニック
heymusicをフォローする
Bass-the-World~ベースザワールド~

コメント

タイトルとURLをコピーしました