PR

【試奏音源】サンズアンプ・ルナシーJモデル~SANSAMP BASS DRIVER DI-J♪

弦・アクセサリ
記事内に広告が含まれています。
へいじ
へいじ

ルナシーのJといえば「サンズアンプ」のサウンドだね!

マメスケ館長
マメスケ館長

今日はサンズアンプのJモデルを紹介しましょうね〜♪

今回はロックにはかかせない「サンズアンプ/ルナシーJモデル」を紹介します!
SANSAMP BASS DRIVER DI-J

試奏音源があるので、ルナシーファンの方は必聴!
そうでない方も「サンズアンプ」の魅力を知ってください♪

J OFFICIAL WEB SITE“より引用

「J」のプロフィールなどはコチラの記事で紹介しています→日本のロックベーシスト34選紹介

今日のポイント
サンズアンプ Jモデルを紹介
従来型との比較
試奏音源♪
※今すぐ試奏音源を効きたい時は→サンズアンプJモデルの視聴へスキップ♪

以上の内容で進めて参ります!

それでは今日も行ってらっしゃい♪

サンズアンプ/ BASS DRIVER DI-J ルナシーJモデル
created by Rinker

サンズアンプJモデル”BASS DRIVER DI-J”

従来のサンズアンプの解説とJモデルの違いなどを見ていきましょう。

結論から言うと「従来型との違いはデザインのみ」です。
「え!そうなの!?」ですよね。

マメスケ館長
マメスケ館長

Jさんは従来型の音に信頼があり変更しなかったそうです〜♪

※筆者もサンズアンプの音はこのままで良いです

従来のサンズアンプについて
Jモデルの紹介

①サンズアンプについて

サンズアンプ
正式名称:SANS AMP BASS DRIVER D.I
1989に年に「TECH21・NYC」というエフェクターブランドから発売
・多くのアーティストが愛用する名器
歪んだ音や音質を補正するプリアンプとしての使い方もできる

「アンプ」という名称ですが、楽器の音を増幅する「アンプ」とは違った役割があります。

サンズアンプの使用例
・エフェクターとして使う→歪みを得る
・プリアンプとして使う→パッシブベースの補強/パワーアップ
・イコライザーとして使う→歪ませず高音域や低音域を上げ下げ

へいじ
へいじ

歪み系の音を出したい時にサンズアンプを使うアーティストが多いね!

マメスケ館長
マメスケ館長

音質の補正にプリアンプイコライザーとして使うこともできますね〜♪

サンズアンプについてはコチラの記事でも紹介→サンズアンプの新旧比較♪

②サンズアンプJモデル

サンズアンプJモデル
正式名称:BASS DRIVER DI-J
2021年に「TECH21・NYC」から発売
Jのトレードマークであるマリア像がデザインされている
基本のスペックは従来モデルから変更されていない

へいじ
へいじ

J自身、昔はプリアンプとして使っていたみたいだね。
ライブ中は「サンズをずっとかけっぱなし」♪

仕様
①LEVEL:音量調節
②BLEND:原音とエフェクト音のバランス
③TREBLE:高音域の調整
④PRESENCE:TREBLEのさらに高い音域の調整
⑤DRIVE:歪みのレベル
⑥MID:中音域の調節
⑦BASS:低音域の調節
⑧MID周波数セレクトスイッチ(500/1000Hz)
⑨BASS周波数セレクトスイッチ(40/80Hz)

サンズアンプ/ BASS DRIVER DI-J ルナシーJモデル
created by Rinker
マメスケ館長
マメスケ館長

Jさんは曲ごとに歪みの量を調整したり、他の歪みエフェクターと合わせて使ったりしてますね〜♪

それではここからサウンドメイクをしていきましょう!

サンズアンプ/ルナシーJセッティング~試奏音源♪~

サンズアンプだけでルナシーサウンドができるかというと、そうでもなく。。

「J使用のベース+アンプ+サンズアンプ+シールドピック弾き」という組み合わせで、「Jのサウンド」はできています。

へいじ
へいじ

それを今回はサンズアンプとベース1本で作ろうってこと!

結論、サンズだけで充分サウンドメイクできます!

それでは行ってみましょう♪

サウンドメイク〜使用ベース〜

Jの使用ベース
2019年以降のJはプレシジョンベース(プレベ)を使用することが増えてきたので、今回はプレベを使います。

使用機材
●サンズアンプJモデル
●ベース:プレシジョンベース
:ダダリオ
シールド:EX-pro
ピック:トーテック0.8mm

※フェンダープレシジョンベースを使用

試奏音源♪
まず「サンズアンプをかけた音とかけない音」を聴いてみましょう♪

サンズアンプなし/ピック弾き♪
サンズアンプあり/ピック弾き♪
“TRUE BLUE風フレーズ♪”
へいじ
へいじ


ここまで迫力が変わるんだね!

マメスケ館長
マメスケ館長

音が前面に出てギターサウンドに埋もれることもないですね〜♪

フェンダージャパンJシグネチャーモデル/BlackGold
created by Rinker

歪みが多いセッテイング「DRIVE」

ポイント
歪みの量を変える時は「DRIVE」のつまみで調節します♪
最後に「LEVEL」で音量を調整
センターで軽い歪み
右に傾けたあたりからバリバリ歪み出す

マメスケ館長
マメスケ館長

「DRIVE」をあげると音量も上がるので「LEVEL」で調整ですね〜♪

DRIVE少なめ/ピック弾き
DRIVE多め/ピック弾き♪
“JESUS風フレーズ♪”
へいじ
へいじ

DRIVEはサンズの音作りで重要な要素だね!
ある程度「DRIVE」は上げることをオススメするよ♪

※以降の音作りでも「DRIVE」は上げてセッティングします。

中音域が抜けた音

ポイント
「MID」のつまみをあげると中音域の抜けが良くなる
周波数が2つ選べる(500Hz/1000Hz)
MIDスイッチonで1000Hz選択
500Hz:芯の部分が抜けてくる
1000Hz:500Hzよりアタックが強めに出る

マメスケ館長
マメスケ館長

周波数を変えて聴いてみましょう〜♪

500Hzを上げる/ピック弾き♪
“ROSIER風フレーズ♪
1000Hzを上げる/ピック弾き♪
“WISH風フレーズ♪”
へいじ
へいじ

音の傾向
500Hzは粘りが出る中域

1000Hzはアタック感が出る中域
かな。

高音域が目立つサウンド

ポイント
高音域は「TREBLE」「PRESENCE」で調整する
・TREBLE:アタック音がくっきり
・PRESECE:ジャリジャリした感じが足される

マメスケ館長
マメスケ館長

PRESENCEはげすぎると耳に痛い音になるので注意ですね〜♪

TREBLEをあげた音/ピック弾き♪
“TIME IS DEAD風フレーズ♪”

※TREBLEを上げるとインディーズ時代のサウンドっぽくなります♪

PRESENCEをあげた音/ピック弾き♪
“MECHANICAL DANCE風フレーズ♪”
へいじ
へいじ

ピッキングの強さでジャリジャリした感じは変わるから試してみて!

BASSでぶっといサウンド

ポイント
低音域の調整で音の太さをコントロール
BASSの周波数を2つ選択可能(40Hz/80Hz)
BASSスイッチonで80Hz選択
40Hz:一番低い帯域
80Hz:40Hzより少し上の帯域

40Hzを上げる/ピック弾き♪
“dejavu風フレーズ♪”
マメスケ館長
マメスケ館長


3弦2弦あたりの音が太くなる感じですね〜♪

80Hzを上げる/ピック弾き♪
“Sweetest Coma Again風フレーズ♪”
へいじ
へいじ

このサウンドは指弾きでさらに太くなるね!

80Hz上げ/指弾き♪
“I for you風フレーズ♪”
マメスケ館長
マメスケ館長


指弾き自体が中低域を持ち上げますからね〜♪

ライブで「I for you」は指弾きで演奏している♪

サンズアンプ/ BASS DRIVER DI-J ルナシーJモデル
created by Rinker

サンズアンプJモデル〜まとめ〜

ということで「サンズアンプJモデル」の紹介でした!

筆者が初めて組んだバンドがルナシーのコピーバンドだったので、今回弾いたフレーズは高校生の頃から弾いているフレーズばかりでした(笑)

手が勝手に動く!

さて、「サンズアンプの音作り」ということで進めてきましたが、
やはりルナシーサウンドには欠かせないアイテムだと分かったんじゃないでしょうか?

サンズを使うことで、
ピッキングのニュアンスがとても良い!
歪みのかかりが最高!
これでベースソロは文句なしサウンド!
イコライザーで音の方向性が変えられる
ルナシーやるならJモデル!

このモデルは「Jモデル」として作られましたが、
音自体に変更はないということで「元のサウンドは変える必要がない」ということですね!

つまり「サンズはええで〜♪」ってことで!

ぜひ、ルナシーやりましょう!

本家モデルはコチラの記事で紹介しています→サンズアンプ新旧比較♪

「Jesus don’t you love me」

人生初ライブがこの言葉から始まった。

G、ストーム、ロージア、プレシャス、ウィッシュ

今でもあのステージは鮮明

Jの曲ばかりだ。


また会おう♪

著者
heymusic

【著者プロフィール】
和山へいじ 1984年 京都府出身
音楽家、画家。
演奏楽器:ベース、ギター、ウクレレ。
15歳から音楽活動を始め、22歳でヤマハ講師の資格を取得し後進の指導にあたる。
数々のレコーディングやアーティストのサポートなど活動は多岐にわたる。
2014年に自身のオリジナルアルバム”Heymusic&Associates”をリリース。
2018年には画家として個展を開く。

heymusicをフォローする
弦・アクセサリエフェクター
heymusicをフォローする
Bass-the-World~ベースザワールド~

コメント

タイトルとURLをコピーしました