PR

ダダリオ・ベース弦おすすめ5選〜試奏音源♪〜

弦・アクセサリ
記事内に広告が含まれています。
ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

弦の定番メーカーといえば「ダダリオ

へいじ
へいじ

弦選びに迷ったらダダリオだね!

今回はベース弦の定番「ダダリオ」の紹介です。

おそらく世界で一番使われている弦ではないでしょうか?
その中からオススメの弦を紹介します。

今回のポイント
ダダリオについて解説
オススメの弦を紹介
試奏音源をチェック♪

以上の内容で進めてまります。

予備知識として「弦の構造」を知っておくと弦を選ぶときに便利です。
詳しくはコチラの記事で→弦の構造と選び方♪

画像クリックで商品紹介へ♪
パッケージ品名素材ゲージ(太さ)タイプ価格
NICKEL WOUND
EXL165
ニッケル45,65,85,105ラウンドワウンド3,080円〜
NICKEL WOUND
EXL170
ニッケル45,65,80,100ラウンドワウンド3,080円〜
NYXL45105高炭素カーボン45,65,85,105ラウンドワウンド4,470円〜
ECB81 Chromesステンレス鋼45,65,80,100フラットワウンド6,370円〜
ENR71 Half Roundsニッケル45,65,80,100ハーフラウンド4,180円〜
                           ※価格は変動します。

それでは今日も行ってらっしゃい♪

ダダリオ・ベース弦について

ダダリオ社
弦の素材
弦の種類
使用アーティスト
についてそれぞれ解説していきます。

ダダリオ〜D’Addario〜

D’Addario(ダダリオ)
イタリアの弦職人「ダダリオ」が設立した会社
ベース弦のほか、ギター、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、ウクレレ、バンジョーなどの弦も製作
弦の他にはメンテナンス用品も豊富に製作。
ロック式ストラップチューナー用リチウム電池ストリングスワインダー
カラフルなボールエンドが印象的!

弦の素材

弦に使われる素材が豊富で、
ニッケル
ステンレス
高炭素カーボン(NY STEEL)
ブラックナイロン
などが使用されている。

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

今回はニッケル製と高炭素カーボン(NY STEEL)の弦を紹介するよ♪

※豊富なラインナップは公式サイトでチェックできます→ダダリオ弦ラインナップ

弦の種類

ダダリオ弦の種類は、
スタンダードなラウンドワウンドと手触りがツルツルのフラットワウンド、その中間のハーフワウンドがあります。
その他、弦をコーティングしたタイプもあります。

へいじ
へいじ

ダダリオの弦をいくつか試したけど、タイプの違うモノをそれぞれ張っているよ!

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

あとで3種類の弦を紹介しよう!

ダダリオ使用アーティスト

世界的に有名な弦は世界的に有名なアーティストが使用しています。

ダダリオ使用アーティスト
アルフォンソジョンソン、ジョージポーターJr.スティーブベイリーオティールバーブリッジ
明希(シド)、YUKKE(MUCC)、坂本竜太、納浩一、瀧田イサム、寺沢功一、内田雄一郎(筋肉少女帯)など
この他ギタリストも愛用者が多数。

※公式サイトをチェック

ダダリオ使用アーティスト(海外)
ダダリオ使用アーティスト(国内)

へいじ
へいじ

ジャズ系からロック系アーティストまで様々だね!

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

オールジャンルに対応できる弦だからね♪

ダダリオ・ベース弦のおすすめ

それではオススメのダダリオ弦を紹介します!

弦の種類は3つあり「ラウンドワウンド」「フラットワウンド」「ハーフラウンド」の3つ紹介します。
それぞれ詳しくは別の記事で解説しているので、下記リンクよりチェックしてみてください♪
 ↓
ラウンドワウンドについて
フラットワウンドについて
ハーフラウンドについて

NICKEL WOUND EXL165

ダダリオのベストセラーの弦です。

特徴
定番のミディアムゲージ
・オールラウンドに対応できる
低音域がパワフル
クリアな高音域

【弦の詳細
「ダダリオ NICKEL WOUND EXL165

ゲージ:45・65・85・105 (ミディアム・ゲージ)
素材:ニッケル
タイプ:ラウンド・ワウンド

NICKEL WOUND EXL165/指弾き♪
NICKEL WOUND EXL165/ピック弾き♪
NICKEL WOUND EXL165/スラップ♪
NICKEL WOUND EXL165/指弾きフレーズ♪
へいじ
へいじ

音のバランスが良い
アタックが充分出るからバンドで埋もれない、オールマイティな弦って感じ!

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

長年多くのアーティストが使う理由がわかるよね♪

D’Addario/ダダリオ EXL165 ベース弦 Long[45-105]

NICKEL WOUND EXL170

NICKEL WOUND EXL165のゲージ違いのタイプです。

特徴
・3弦と4弦のゲージが細めで弾きやすい!
サウンドはEXL165と同じ
早いフレーズを弾くときにオススメ

【弦の詳細
「ダダリオ NICKEL WOUND EXL170

ゲージ:45・65・80・100 (ライト・ゲージ)
素材:ニッケル
タイプ:ラウンド・ワウンド

へいじ
へいじ

弦のテンション(ハリ)が少ないと、押さえやすくて早いフレーズは弾きやすくなるね!

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

細かいフレーズを弾くアーティストはこのゲージを選ぶことが多いね♪

DADDARIO(ダダリオ)/EXL170 Nickel Wound Bass Light 45-100 エレキベース弦
created by Rinker

NYXL45105

コチラは弦の素材に高炭素カーボンを使用したモデル。

特徴
独自の高炭素カーボン「NY STEEL 」を芯弦に使用
・広いダイナミックレンジ
サステイン(音の伸び)がある
力強い低音

NYXL45105/指弾き
NYXL45105/ピック弾き
NYXL45105/スラップ
NYXL45105/指弾きフレーズ
へいじ
へいじ

弾いた瞬間、良い弦って思った!
定番のダダリオ弦より音域が広がった感じ

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

指弾きで存在感のある低音が出せるね!

DADDARIO(ダダリオ)/ NYXL45105
created by Rinker
ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

NYXL45105もゲージ違いがあるよ♪
3弦4弦が細めのタイプ!

ECB81 Chromes

ダダリオのフラットワウンド弦です。

※パッケージは変更されています。

特徴
フラットワウンド弦
・表面がツルツル
中低域がよく出るサウンド
弦のテンション(ハリ)が少し強い
フレットレスベースによく使われる

「ヘックスコア(6角芯線)の周りに下地となるベースの巻弦を施し、その上にフラットなリボン形状の巻弦を巻きつけた特殊構造」

弦の詳細
「ダダリオ ECB81 Chromes」

ゲージ:45・65・80・100 (ライト・ゲージ)
素材:ステンレス鋼
タイプ:フラットワウンド

ECB81 Chromes/指弾き
ECB81 Chromes/ピック弾き
ECB81 Chromes/スラップ
ECB81 Chromes/指弾きフレーズ
へいじ
へいじ

手触りがツルツル!
アタックが弱くなるからスラップのバキバキ感はないね。

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

指弾きの柔らかい音がビンテージっぽくていいね!

筆者はプレシジョンベースにフレットワウンド弦を張っています。

DADDARIO(ダダリオ)/ ECB81 Chromes Bass Light 45-100
created by Rinker

ENR71 Half Rounds

ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間「ハーフラウンド弦」

特徴
ハーフラウンド弦
表面がツルツル(フラットワウンドよりはざらつきがある)
中音域が目立つサウンド
弦のテンション(ハリ)が少し強い

弦の詳細
「ダダリオ ENR71 Half Rounds」

ゲージ:45・65・80・100 (ライト・ゲージ)
素材:ニッケル
タイプ:ハーフラウンド

ENR71 Half Rounds/指弾き♪
ENR71 Half Rounds/ピック弾き♪
ENR71 Half Rounds/スラップ♪
ENR71 Half Rounds/指弾きフレーズ♪
へいじ
へいじ

ラウンドワウンドのギラついた感じも残っているね!

ゲンゴ郎
ゲンゴ郎

フラットワウンドほどサウンドは柔らかくない感じなんだね♪

DADDARIO(ダダリオ)/ ENR71 Half Rounds Bass Regular Light 45-100
created by Rinker

フラットワウンドとハーフラウンドは弦のハリが少し強いので、細いゲージをオススメします

ダダリオ・ベース弦のおすすめ〜まとめ〜

ということで今回は「ダダリオのベース弦」を紹介しました。

やはり、長年使い続けられている弦は作りがいいですね!

サウンドをモデルごとに見ると、

NICKEL WOUND EXL165/EXL170
ニッケルのバランスが取れた音
ゲージ違いで押さえやすいものを選べる
これを選べば間違いなし!
NXL45105
高炭素カーボン使用
パンチのある低音
上品なサウンドはこれをオススメ!
ECB81 Chromes
フラットワウンドの柔らかいサウンド
メロディックな指弾きにオススメ!
ENR71 Half Rounds
ギラギラと柔らかい音の中間が出せる弦
張りたてのギラギラが苦手な方にオススメ!

その他ダダリオ弦は、ステンレス製、コーティング弦、ブラックナイロン弦などのラインナップがあります。

迷ったら「ダダリオ」で間違いなしです!

オススメの弦はコチラの記事でも紹介しています。

オススメ弦の紹介
アーニーボール弦
ステンレス弦
コーティング弦

著者
heymusic

【著者プロフィール】
和山へいじ 1984年 京都府出身
音楽家、画家。
演奏楽器:ベース、ギター、ウクレレ。
15歳から音楽活動を始め、22歳でヤマハ講師の資格を取得し後進の指導にあたる。
数々のレコーディングやアーティストのサポートなど活動は多岐にわたる。
2014年に自身のオリジナルアルバム”Heymusic&Associates”をリリース。
2018年には画家として個展を開く。

heymusicをフォローする
弦・アクセサリ
heymusicをフォローする
Bass-the-World~ベースザワールド~

コメント

タイトルとURLをコピーしました